足を組んで座ると本当に歪むの?

足を組んで座っていると体は歪むのか?

足を組むのを我慢しても歪みは治りません。

足を組むイメージ写真「足を組んで座ると体が歪むので、足は組まないようにしましょう。」というのが、常識になってしまっているようです。でも、そんなことはありません。足を組みたい人が、それを我慢していても歪みを防ぐことにはなりません。

なぜなら、足を組みたくなる人には、すでに歪みがあるからです。

実は歪みがあるから、バランスを取るために足を組みたくなるのです。だから、足を組みたくなる人は、組んで座った方が疲れないはずです。

とはいえ、「足を組む癖がない人は、歪みがない」というわけではありませんが、椅子に座ったときに、「足を組んだ方が楽な人」や「組んでいないと座っていられない人」は特に要注意です。(ただし、長時間座っていて疲れた場合に、血流を促すため足を組みたくなるのは例外です。)

※やわらかくて腰が沈むような椅子の場合は、体のバランスがよい人でも足を組みたくなる場合があります。これは、椅子のせいで姿勢が正せないからです。やわらかい椅子を避けた方が体のためには良いでしょう。

歪みが治ると足は自然に組まなくなります。

さて、体というのはうまくできているもので、歪みがなくなってくると自然に足を組まなくなります。だから、整体などで歪みの治療を受けていても、足を組む癖がなおっていない場合は、歪みも治っていない可能性大ということです。

オフィスウチヤマでは、上部頸椎の施術によって歪みがもとから正されていきますので、「自然に足を組まなくなった」「試しに組んでみると、逆に疲れるようになった」という体験を多くの方がされています。このような例は、足を組まなくなることだけではありません。

さらに他にも似たような例を挙げてみます。

  • 「座ったときに足がすぐ開いてしまっていたのが、開かなくなった」
  • 「いつも同じ側の肘掛けに座っていたのが自然になくなった」
  • 「仰向けで寝られるようになった」
  • 「仰向けに寝たときに腰が浮いていたのが、浮かなくなった」
  • 「寝相が良くなった」
  • 「靴底の減り方が均一になった」

以上のように、日常生活の中で出る悪い習慣の多くは、本当に体の状態が良くなると自然に消えていくものなのです。

そして、良くなってもまた上記のような習慣が出てきたら、バランスが崩れてきた可能性が高いので、痛みなど症状が強くなる前に早めのチェックをお勧めします。実際に症状が強くなる前に、そのようなサインを目安にお越し頂き、調子の良い状態がずっと続いている方もいらっしゃいます。