市川市にある当院は、痛くないソフトな施術ですぐに効果を実感できる整体が人気

オフィス ウチヤマ


座り方について


椅子の座り方イラスト

どちらが正しい姿勢なのか、誰もがわかるはずです。それにもかかわらず、右のような姿勢になってしまうという方が多いのは、なぜでしょう?

ひとつ目の理由は、そもそも体のバランスが悪いからです。歪んでいるから伸ばして座るのが疲れるため、自然に悪い姿勢になってしまいます。でも、これはオフィスウチヤマで解消できます。歪みがなくなってくれば、「以前より伸ばしていられる」や「自然によい姿勢になっている」という具合に変わってきます。

ふたつ目の理由は、椅子が悪いからです。悪い椅子というのは、座ったときに沈んでしまうようなやわらかいものです。正しい姿勢で座れる人でもやわらかい椅子だと腰を伸ばしにくくなります。そのせいでバランスがよい人でも悪い姿勢になってしまいます。さらにソファなどのやわらかい椅子は座るだけでも腰への負担が増えますので長時間座るのは避けるべきです。

先日、強い腰痛でお越しいただいた方も、疲れているところソファで休んでいたら急に動けなくなったということでしたが、これはよくある話です。やわらかい椅子は体にとって負担になると理解しておくべきで、お尻が痛くなければできるだけ硬い椅子がよいということです。その方が負担も少なく、姿勢も正しやすくなります。
 
また椅子の高さも大切です。高さが合っている方が、座っている際に腰の緊張度が減りますので、椅子の高さによって疲れ方が変わるということです。理想は、深く座って余裕をもって足が床面につく高さです。
椅子の高さイラスト

では、椅子ではないときはどうしたらよいのでしょう。床に直接座る場合も大切なのは、イラスト左のように骨盤が起きていることです。これなら自然に腰が伸ばせているはずですので、あぐらでも足を伸ばしていてもよいと思います。その際、少し高さのある物に座ると足も楽でしょう。
骨盤を起こす座り方がよい 以上、椅子の座り方についてまとめると。
  • 椅子は硬めで沈まないものがよい。
  • 背もたれに寄りかかる場合は、姿勢に気をつける。→ 骨盤が起きた姿勢になっていることが大切です。(上のイラストのよい姿勢の方を参照)
  • 椅子の高さは、足が床にしっかりつく高さにする。

それでも姿勢を正しにくくなっていたら、調整が必要な時期かもしれません。(例えば、体を伸ばしていられない場合やすぐに足を組んでしまう場合など。)また長時間の座り仕事の場合、どんなによい姿勢でいてもずっと同じ姿勢でいればきつくなりますので、時々姿勢が崩れても問題ありません。全く動かないのは状態が良い人でも負担にはなりますので、当たり前のことですが疲れを感じたらなるべくその場でよいので体を伸ばしたり、足踏みしたりなど少しでも体を動かすことをおすすめします。
 

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

オフィス ウチヤマのご案内

住      所:

〒272-0022
千葉県市川市鬼越1丁目28-9

アクセス:

京成線「鬼越駅」から徒歩4分
総武線「下総中山駅」から徒歩12分
駐車場4台有り

お問い合わせ・ご予約
047-335-2889
営業時間:

9:00~18:30
(月曜日は9:00~13:00まで)

定休日:

木曜日・祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ